手作りイーゼルあれこれ

  トップページ  風景  人物  野菜・果物  植物  静物・その他  自作イーゼル  自己紹介  リンク   出展案内 

 自作イーゼルのあれこれを紹介します。 どれも軽く持ち運びに便利なものばかりです。
 この他にも、「こういうものもあるよ」と教えてくださるとありがたいです。 順次紹介させていただきます。
 (連絡先:teinengo@nobosuisai.info)

 クロッキー用墨汁セット  墨汁で濃淡を付けながらクロッキーできる便利なセットです。
 百均肩掛け画板 百均で買えるもので簡単に作れます。それに一工夫しています。
 超簡易パイプ椅子イーゼル  これは超簡単、パイプ式イーゼルのような装置は不要です。ただし使用上の注意が必要です。
 パイプ椅子イーゼル  室内で描くとき重たいイーゼルは不要です。この道具があればパイプ椅子で代用できます。
 コンパクト・軽量イーゼル アルミと木でできた軽くコンパクトなイーゼル。屋外スケッチにはもってこいです。
 クロッキー用イーゼル クロッキー用紙と筆記具を収納できる軽いイーゼルです。荷物が減って助かります。
 プロ級イーゼル 本格的な木製イーゼルです。木の暖かみがあり超優れもの。ちょっと作り方が難しいのが難点かも。
 超軽量イーゼル 荷物をなるべく減らしたいときに便利です。風に吹き飛ばされるくらい軽いのが善し悪しです。
 愛妻イーゼル ご主人が絵を描く奥様のために作られました。簡単に作成できるのに超便利。深い愛情の成果です。
 フレシキブルイーゼル イーゼルの傾斜角度が自由に変えられる優れもの。その代わりちょっと画板が揺れやすいです。
 市販イーゼル用パレット・水入置台 市販イーゼルに筆洗い容器、絵の具箱、筆が置けるとどんなに便利かと創意工夫されてます。
 究極の簡易イーゼル これ以上の簡易イーゼルはないと思います。さすが歳の功、これは使えます。
● クロッキー用墨汁セット
今回はイーゼルの紹介ではありませんが、パイプ椅子をイーゼル代わりにしてクロッキーを描くときに便利な用具を紹介しましょう。
高槻人物画同好会の青木さんのクロッキーは、葦ペンで墨汁の真っ黒な線を描かれます。太くも細くも自由自在、おまけに力強い線でとても魅力的です。Aさんは、その上に筆で墨汁のモノクロの微妙な濃淡まで入れられます。長くても10分程度しかないクロッキーで濃淡を付けるとは神業かと思いますが、それなりに工夫された用具セットを準備されているのです。
作り方:(青木さんから手書きの作り方をいただきました。これを見られたほうがよく分かります下方に追加しています。9/3)

@小瓶を5つ用意します。一つは筆入れ、後の4つには水、墨汁の原液、濃淡が異なる薄めた墨汁液を入れられてます。
Aビニールの買い物袋を切って二つ折りにします。
Bビニールの上にもう一枚ビニールを被せてガムテープで固定して丈夫なものにします。端もガムテープで補強します。長さは椅子の汚れ防止のために座面よりも長くします。(写真参照)
C写真のように持ち運べるようにします。持ち手はクリップです。使用時は背もたれへの固定用です。二つ折りの中程に厚紙で作った箱をガムテープで固定します。箱は5つの小瓶がぴったり入るサイズで作ります。(写真参照)
これで目の前のモデルさんから目を離さず、必要な濃度の墨汁を使い分けてすばやく描くことが出来ます。
運搬に便利なので、屋外スケッチで風景画を墨汁で描くときにも応用できると思います。

 

● 百均肩掛け画板 
自分がイーゼルになって描く方法がありますね。そうです、肩掛け画板です。高槻のクロッキー会でWさんは全て百均で買ったもので手作りされています。Wさんの工夫点は、一部をゴム紐に変えたことです。数分間のポーズを次々と描いていくクロッキー会では、クロッキー帳をすばやくめくって次のポーズに備える必要があります。お腹で支えているので画板を外すか、画板を立ててクロッキー帳をめくるしかありません。これではとても面倒なので、ゴム紐を付けて画板を少し下げて用紙をめくる方法を思いついたということです。但し、画板のサイズはあまり大きくできないので、F8以上のサイズに描かれる場合は不適当でしょう。

 

● 超簡易パイプ椅子イーゼル 
パイプ椅子イーゼルを紹介したら、自分はもっと簡単に画板を立てて使っているという方が現れた。発泡スチロールの端くれ(木片でも何でも良い)をビニールの座面にガムテープで貼り付けて画板がずれるのを防止するアイデアです。もはやイーゼルとは言えないがこれは超便利。ただし、強力なノリのガムテープよりも、荷造り用のすぐ剥がせるテープの方が良いでしょう。ノリが座面に付いたまま元に戻すと顰蹙を買いますから。

 

● パイプ椅子イーゼル
室内で人物、静物、クロッキーなどを描きにきに行くときイーゼルを持っていくのは邪魔くさいものですね。持ち物はなるべく軽くしたいので、イーゼルは持参せず、部屋にあるパイプ椅子を逆向きにして背もたれに画板を立て掛けて描くことがよくあります。そういうときに便利な道具を高槻人物画同好会の青木猛さんが創られたので紹介しましょう。
作り方の注意
写真で一目瞭然ですね。青木さんから聞いた留意点は一つだけ、背もたれを支える二つの支柱の幅が椅子によって多少異なるので、写真のように一番外側の横木は少し長めにしておくようにということでした。角度調整用の桟(横木)はスライドできるようになっているとなお便利でしょうね。

 

● コンパクト・軽量イーゼル
こもれび水彩クラブの会員、高岸聖さんが考案したイーゼルは「軽い・コンパクト・丈夫」と三拍子揃った優れものです。カメラ用三脚とイーゼルを繋ぐ底板と画板のずり落ちを止める受け台はアルミ製、その他(黒く塗っている部分)は木製です。持った第一印象はとにかく軽いことです。それにアルミ製なので歪みがなく丈夫です。ただし、作成にはタップとか金切りノコのような工具が必要になります。
作成方法は、
@2o厚のアルミ板と受け台用の板を金切鋸で切り形を作ります。(アルミ板はホームセンターで工作用として各種販売されています。)
Aねじ穴は「ハンドタップ」という工具で空けます。(これもホームセンターで安く手に入ります。サイズ(カメラ用=1/4イン