山科の民家





























2008/11 54×36cm  秋祭りの日(京都山科の民家)
京都の山科の音羽山へハイキングに出かけたとき、山裾の道で吹き出し屋根の農家に目がとまった。門がない開放的な民家で敷地の中に大きな祠がある。これは描きたいし登山もしたい。迷った末、ハイキングをショートコースに変更。登山前と登山後の2回に分けてスケッチした。自宅で大サイズに書き換えてからチェックのため現地を再訪。ちょうど秋祭りの日にあたり、御神灯と秋期大祭旗が立てられていた。通りかかった葱を抱えたお婆さんに頼み込んで祠の前で拝んでもらい、スケッチの中に入れてみた。吉田先生曰く。人物が祠の中に入ってしまって目立たない。お参りに行くために祠に向かって歩いているポーズの方が祠と離れるし、人物が引き立つという。なるほど、一つ勉強になった。

 トップページ > 風景 > 秋祭りの日(京都山科の民家)          ←前の絵へ  次の絵へ→