美山茅葺きの里

2010/11 55×37cm  美山のかやぶきの里
絵仲間と京都府丹南市美山町北村の「かやぶきの里」へ出かけた。昨年秋に始めて訪れたときは、里を一望する構図でスケッチしてみたものの、背景の山林の描き方に自信が無くそのままになっていた。今回は、そのリベンジを込めて茅葺き民家が4棟並んで見えるところを選んだ。。民家の側でススキが大きく穂を広げているのが秋らしくて良いと思った。ススキは茅葺き屋根の補修に使うためだろうか。この日本の原風景と言われる心休まる情景をその場の空気まで描きたいと意気込んだのが良いが、ご覧のように背景の処理が拙いし、遠近感ももっと出したかった。農夫を点景に入れたほうが良かったかなと反省している。(11/16 一緒に行った友人の批評を受け入れて若干修正した。)


                     トップページ > 風景 > 美山のかやぶきの里         ←前の絵へ      次の絵へ