2010/2  F6  湖西木戸浜
 前作に懲りずまた川端さんを真似て墨汁で描いてみた。しかし所詮猿まねで何の取り柄もない駄作になった。 川端さんはモチーフ以外のものを徹底的にそぎ落とし、墨が醸し出す無限のディテールを生かして、感じたこと、伝えたいことをストレートに表現されている。対象をとことん煮詰めて作者のイメージを白紙に映し出す感性の鋭さにあらためて舌を巻いた。本当に学ぶべきものは、彼の画法よりもその感性なのに。我ながら浅はかなことだ。


                        トップページ > 風景 > 湖西木戸浜           ← 前の絵へ    次の絵へ →