2010/12 B3  旧平安邸(川西市郷土館)
この旧平安邸は、多田銀銅山最後の製錬所として昭和初期まで操業していた経営者の邸宅である。出口彰さんの野外スケッチ会に飛び入り参加したときに是非描いてみたいと思ったものの、中庭にあったつるべ井戸に惹かれて、まず「つるべ井戸のある庭」を描いた。あまりの不出来に再度描き直してから、再訪してこの建物群をようやく仕上げたもの。訪れる人がほとんどおらず、小春日和のなかゆっくりとスケッチできたのが何よりだった。(2010/12/30 手前の芝生を修正)



                トップページ > 風景 > 旧平安邸(川西市郷土館)    ←前の絵へ   次の絵へ