石見銀山大森の通り2  2018/1 四つ切変
正月が明けるとすぐスケッチに出かけていたのに、今年は未だコタツの中。寒さに勝てないのはけ老化の証拠で、これではダメだと思いつつ、また自宅で昨年11月に訪れた大森の通りを描いてしまった。ここはぜひ描きたいと思ったポイントだったが、もっと正面から捉えてラフスケッチしておくべきだった。遠方なので再訪は適わず、雰囲気だけでもといろいろいじくったが、こんな程度で終わった。


トップページ> 風景> 石見銀山大森の通り2  ←前の絵へ  次の絵へ→